現地到着後に外貨両替する場合の注意点

現地に到着後、空港内の銀行や市中銀行、市中両替所などで両替をする場合、窓口で「エクスチェンジ・プリーズ」と言うだけでOK。ただし海外におけるキャッシュの外貨両替は、紙幣からでしか行えないのが一般的で、コインは取り扱いません。

ですから、万円札・五千円札・千円札などの券種を用意するようにします。また、深夜到着便を利用した場合、銀行出張窓口が営業時間外のケースもありますから注意します。

現金、その場限り! 計算書は捨てないで

海外、特にアジアでは、「Foreign Exchange (フォーリン・エクスチェンジ)」の看板を掲げた私営の外貨両替所を街なかでよくみかけます。一般に銀行よりも、これら市中両替所のほうが、お得な交換レートを提示している傾向にあります。

しかし、それもすべてとは限りません。国や地域、店舗によっては、政府の認可を受けないもぐりの両替所もあるので、街なかの両替所では特に注意しましょう。

両替後は受け取った紙幣を必ず、窓口担当者の面前で数えなおすこと。その場を離れたあとに計算書の額とあっていないことを申し出ても、とりあってくれません。「現金、その場限り」という格言を忘れずに。

なお、両替時に渡された計算書は、旅行中、捨てずにとっておくことをおすすめします。日本へ帰国する直前、残った現地通貨を円に戻す(これを再両替といいます)場合、両替時に発行された計算書(外貨両替証明書)が必要になることもあります。

また、日本帰国後も再両替はできますが、一部の外貨紙幣に限られます。外貨コインは、いかなる国の通貨でも両替できません。

 

手数料無料で外貨両替!詳細ページ

空港・銀行よりお得な外貨両替!

line